Nacht Music

趣味全般のことを日々の生活の中から書きとめています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

え~釣りもROも休止ということで・・・


ブログは小まめに更新しようと決めたんですが、音楽とか本とか紹介してもしゃーないという考えに至り・・・釣った魚の料理法はどうだろう 


ということで


釣れた魚や風景の写真をUPするとともに、おいしくたべる料理法を紹介しようかなと


まぁ刺身が一番なんですけどね~_/ ̄_/(゚ ε 。)_

第1回の魚はこちら


シマダイとカワハギ


当店は素材の鮮度にこだわっています。大盛り、採れたて鮮魚の盛り合わせ 生のまま手づかみでバリバリとどうぞ


ではなくてですね


シマダイとカワハギです


鍋のしたのほうにいる魚がシマダイ、うえのほうにいるのがホンカワハギ


シマダイは大きくなると石鯛になります 出世魚ですね


石垣鯛とシマダイ


そして石鯛と同系統の魚なんですが模様がちょっと違うのが石垣鯛。写真→ですね


シマダイが←です。石垣鯛は大きくなると口のまわりが白くなってクチジロなどとよばれます。味はだいたいおなじなんですが、食べ比べたところ石垣鯛のほうが味が濃いい感じでしょうか。


磯釣り師にとってはその強烈な引きと釣りにくいということもあって、非常に人気の高い魚です。そしてなんといっても高級魚。銀座のデパ地下で石鯛が売られているのを見かけたとき50cmくらいだったでしょうか、一匹6千円とかでした。


ホンカワハギは餌を取るのが非常にうまい魚で、顔と同様非常に憎たらしい魚です。しかし味はフグと似ていると言われ、庶民の味方的なカワハギです。しかしこの魚も人気が高まって次第に値段が高くなっている感じがします。


そして料理法ですがシマダイのほうは焼くとおいしいです。シンプルですね~かわはぎのほうは刺身が極上ですね~あーとってもシンプル。


でもここでお勧めなのはかわはぎの味噌汁!さばき方にコツがあって、まずエラの下部までを包丁でズドンと切ります。そしてあたまをもってそのままちぎるようにすると、するっと内臓まで一緒にとれちゃって楽ちん。このとき頭と肝は残しましょう。こうすると皮をはぐのも楽です。身のほうは刺身にしちゃいましょう。


 残った頭と肝。これを沸騰したお湯にいれて、ミソをとかし、ネギをぱらぱら、七味をぱっぱ これで完成です。肝のコクが素晴らしい絶品味噌汁の完成です。


それではラッキーのかわいらしい写真で今回はお別れを(*・`д・)ノ


らっきー2

スポンサーサイト

ラッキーちゃん舌長っ!!w
でも・・・かわいいねぇww
いつか釣ったお魚おすそ分けしてくだし(* ̄∇ ̄*)イヒッ

2007.11.13 01:07 URL | 楓。 #- [ 編集 ]

ラッキーはラッキーですぐ涎飛ばすんですよ
こまったもんです・・・

このときは今年初めての大量で・・・
いつもは一匹も釣れないとかざらなんですよ(´;ω;`)ウッ…

2007.11.13 02:20 URL | ゆうせい #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yuuseiblog.blog114.fc2.com/tb.php/16-37b01909

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。